試合でやってはだめなこと|楽しくフットサルをするための情報を知ろう【 使えるテクニック公開】

フットサルの試合中にやってはいけないことを3つ記載しています

試合でやってはだめなこと

ボール

試合中にやってはいけないこと

蒲田在住でフットサルを始める方が増えつつあります。今回はフットサルの試合中にやっていけないことを紹介したいと思います。まずは無茶なプレーをすることです。「頻繁に自分ひとりでドリブルをして相手ゴールキーパーのところまで突っ込む」「近くにいるのに強いパスをする」など無茶なプレーはやめましょう。

怒ったりがっかりしたりする

自分のチームの他の選手のプレーに怒ったりがっかりしたりしないようにしましょう。その選手が怖がって思うようにプレーが出来なくなったりします。気持ちよくプレーするためにも、ちょっとしたミスでも怒ったりがっかりしないようにするのが大切です。

フットサルのルールがよく分からない

フットサルは気軽に遊べるスポーツです。フットサルのプレー人口は増えつつあるようです。フットサルを始めたいけどルールがよく分からない方のために、フットサルのルールについてよくある質問をまとめました。

フットサルのルールについてよくある質問

オフサイドはあるのですか?

サッカーで存在していたオフサイドはフットサルにはありません。そのため、オフサイドトラップはフットサルでは通用しませんので注意が必要です。また、オフサイドがないため得点チャンスも増えると言えます。

ゴールキーパーも自由に交代できますか?

ゴールキーパーもフィールドプレーヤーと同様に自由にいつでも交代ができます。審判の許可を取る必要は全くありません。またフィールドプレーヤーがゴールキーパーになることもできます。

ゴールキーパーにパスしても大丈夫ですか?

ゴールキーパーが蹴ったボールがハーフウェーラインを超えたか、もしくは相手選手が触っていた場合に限り、ゴールキーパーにパスしても大丈夫です。そのためゴールキーパーが自陣エリアの味方選手にパスをして、その選手がすぐにゴールキーパーにパスするのはだめです。

広告募集中